読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かけあし旅行記

とある会社員のおでかけ記録

イギリス鉄道旅その2~イギリス国立鉄道博物館とヨーク~

<11月25日>

※今回は鉄道分が最も濃いです※

午前中はロンドン各地の駅の視察をして、ちょっと野暮用を済ませる。写真はリバプールストリート駅。各ターミナル駅に違った味があるので、これはこれで面白い。

f:id:yasu1139:20161124181728j:plain

 

こちらはキングスクロス駅。この駅は、鉄道好きでなくても知っている人は多いはずです。

f:id:yasu1139:20161124191730j:plain

そう、ハリーポッターで出てくる9と3/4番線があるんです。この通り行列が途切れません。

f:id:yasu1139:20161125111554j:plain

f:id:yasu1139:20161125111610j:plain

このショップは確実にぼろ儲けだろうなぁと(笑)

f:id:yasu1139:20161125111717j:plain

 

今日の目的地はイギリス中部のヨークです。ヨークまでロンドンから特急で約2時間。運航はVirgin Trainです。

f:id:yasu1139:20161125112153j:plain

Virginの車内は結構おしゃれで、企業文化が出てるなぁと思いました。ちなみにこの特急、ほとんどの乗客が座席指定をしていたので、パス利用でない場合は指定したほうが無難です(空席を探すのが大変)。定刻通りにヨークに到着。中間駅らしい構造です。駅構内で昼食を取り、いざミュージアムへ。

f:id:yasu1139:20161124214014j:plain

f:id:yasu1139:20161124214329j:plain

駅から歩いて5分ほどで、国立鉄道博物館に到着。何と今年7月から入館料が無料になりました!懐の大きさを感じます。

f:id:yasu1139:20161124220758j:plain

f:id:yasu1139:20161124220939j:plain

かつての王室専用車両の展示もあります。

f:id:yasu1139:20161124221114j:plain

車内の座席を用いたレストラン。実際に食事をとれます。

f:id:yasu1139:20161124221429j:plain

昔の機関車。こちらの博物館は高齢の人たちが多く、昔の鉄道を懐かしんでいるような感じ。

f:id:yasu1139:20161124221606j:plain

館内では指定された時間に説明イベントがある。もちろん無料。この日は王室車両の説明会でした。

f:id:yasu1139:20161124222210j:plain

郵便車両。仕分けをしながら走っていたみたいですね。

f:id:yasu1139:20161124222032j:plain

博物館から、片道2ポンドでヨーク市内中心部まで連れて行ってくれるとのことで、この機関車型のトロリーに乗って移動。

f:id:yasu1139:20161124224545j:plain

道中の景色もかなり良い。

f:id:yasu1139:20161124224056j:plain

 ヨークは城壁が残る街で、今でも城壁内部が市内中心部です。

f:id:yasu1139:20161124224128j:plain

バスはヨークミンスター(大聖堂)前で停車。北ヨーロッパではドイツのケルン大聖堂に並ぶ傑作らしい。確かに外見からして素晴らしい。

f:id:yasu1139:20161124224714j:plain

帰りのバスまで30分あるので、市内中心部を散策。こじんまりとしている、かわいい街というイメージ。治安もよさそう。

f:id:yasu1139:20161124225806j:plain

屋外マーケットもたくさん出ていました。

f:id:yasu1139:20161124225839j:plain

f:id:yasu1139:20161124230036j:plain

クリスマスマーケットですね。歩くだけで楽しいです。ホットワインに思わず手が伸びそうだったものの、博物館見学がまだ残っているので我慢。

f:id:yasu1139:20161124230043j:plain

f:id:yasu1139:20161124230133j:plain

予定通り博物館に帰り、館内の見学を続行。ユーロスター(旧式)の機関車です。

f:id:yasu1139:20161124233142j:plain

 

そして、この博物館最大の目玉は、

f:id:yasu1139:20161124233220j:plain

なんと0系です!JR西日本から寄付されたそうで、イギリスの車両に囲まれて完全に異彩を放っています。日本語の説明まであり。

f:id:yasu1139:20161124233250j:plain

もちろん車内も見学可。この国鉄臭がプンプンする車両を見て、イギリス人は何を思うんでしょうか。比較して分かったけれども、日本の新幹線はやっぱり大きい。座席が3-2の配置なのが大きい。欧米は2-2が主流。

f:id:yasu1139:20161124233434j:plain

その他、実際に動く転車台の説明がありました。

f:id:yasu1139:20161124233743j:plain

英国製機関車の勢ぞろい。リアルトーマスやん!

f:id:yasu1139:20161124233754j:plain

会場上部にはとても古い形式の信号が(腕木式信号機!!)

f:id:yasu1139:20161124234805j:plain

なんと実際の東海岸線の在線モニタも見れます。ヨーク駅構内の配線が良く分かります。

f:id:yasu1139:20161124235310j:plain

博物館からヨーク駅を望む。

f:id:yasu1139:20161124235352j:plain

信号てこ。いまだに結構使っているらしい。

f:id:yasu1139:20161124235450j:plain

そして、なんとタブレット!貴重です。

f:id:yasu1139:20161124235602j:plain

日本のJRでは、通常でのタブレット閉塞は全廃になったはず。台湾に行ったら見れるけど。タブレットもイギリスの発明品。素晴らしい。

f:id:yasu1139:20161124235619j:plain

一通り見学を済ませ、再びVirgin特急でロンドンに戻る。その後、ロンドン市内で停電というニュース(本当に文字通りブラックフライデーやん、という突っ込みはさておき)

www.thesun.co.uk

が流れ、ホステルに戻らず他の路線に乗って時間潰ししてました。これはEuston駅から出ているMidlandsという路線で、バーミンガムまでの近郊列車。通勤電車でもクロスシートで普通にワイン飲んでるのはちょっと違和感ありでしたが、よくよく考えてみると、常磐線でワンカップ飲んでるのと同じか(笑)途中の主要駅まで行って、帰りはまたもやVirginの特急で帰ってきました。

f:id:yasu1139:20161125190649j:plain

駅で晩御飯を食べ、帰る頃には電力もすべて復旧していて一安心。

f:id:yasu1139:20161125213000j:plain

f:id:yasu1139:20161125215530j:plain

 

その3に続く