読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かけあし旅行記

とある会社員のおでかけ記録

インド旅行その3~鉄道のお話&空路でジャイプールへ~

<12月19日>

ガンジス川サンライズツアーを終え、午前中は宿で談笑しながらまったり過ごす。11時前くらいから近辺の散策をはじめ、歩いて3キロくらいのところにあるバラナシ駅に行く。道中何度もリクシャ―に乗らないか?!と聞かれるが、自分の足で歩いてみるのも旅の楽しみ方だと思ってます。45分くらいで駅に到着!

f:id:yasu1139:20141219152337j:plain

 

入口を入って左手には外国人用の窓口があります。係員が二人いますが、超空いてました。駅の中でここだけ異空間です。せっかく来たので試しにアグラ→ニューデリーの切符を買おうとしたところ、

 

アグラからニューデリーなら、当日切符買った方がいいぜ。本数はたくさんあるし、どうせ遅れるんだから、買った列車がすごく遅れて駅で待つより良いでしょ?

 

と、乗ろうとする列車が遅れることに対して申し訳ないという態度を微塵も見せない職員に感動(笑)でも、このアドバイスはかなり正しいことが後で分かりました。

 

インドの鉄道の主な駅には電光掲示板があり、どの列車が何時発で何番線か表示してくれます。これがないと素人が乗るのは難しいかと。写真はヒンディー語ですが、英語表記もしてくれるので安心。

f:id:yasu1139:20141219153123j:plain

 

駅のあたりをぶらぶらして、帰りはサイクルリクシャ―を使ってみました。インドのリクシャ―の多くはオートリクシャ―と言って、バイクを改造したものが多いですが、バラナシはサイクルリクシャ―、つまりチャリンコを漕いで客を運ぶものがかなり多いです。せっかくなので料金交渉し、相場よりちょっと高いけど70ルピーで駅からゴードーウリヤーまで行くことに。さすがに歩くよりだいぶ早く着きました。ありがたい!

f:id:yasu1139:20141219155008j:plain

 

ゴードーウリヤーに帰ってきて、交差点近くのお昼ごはんのお店を探す。ここでもターリーをいただく。何を食べるか考えるのが面倒な場合は、ターリーを頼んでおけば間違いない、というのが助かります。久しぶりにコカコーラも飲んで満足。お店の雰囲気も良かったのでしばらく休憩してました。

ちなみにバラナシの周辺は基本的にベジ(菜食主義者用)のお店が多いので、肉はなかなか食べれません。海外旅行中は野菜が不足しがちなので、その点ありがたいです。でも、インドで肉と言えば鶏かヤギなので、豚肉や牛肉がないのが長期旅行者の場合辛いかも・・・

f:id:yasu1139:20141219165236j:plain

 

午後はガート周辺や細い小道をひたすら散策。う○こだらけの写真は載せられないので、比較的きれいな写真を。このあたりは地図がないとすぐに迷います。途中迷いすぎて、イスラムの方々が住むエリアに入りかけたら、

 

そっちはタリバンが住んでる

 

と、本当かどうか分からないことを言われて焦って引き返した(笑)

f:id:yasu1139:20141218183246j:plain

 

散策を終えて宿に戻り、アグラ→ニューデリーの鉄道が本当に多いのか、予約しないで行けるのか等、バダルに教えてもらう。そして、せっかくだからチケットを手配しようか?と提案されたが、手数料分がもったいないから自力でネットで確保しました。でも、かなり時間がかかりました・・・

 

ここでインドの鉄道予約について少し。以前投稿したこの記事↓↓

インド旅行その0(ZERO)~ちょっと面倒な準備編~ - かけあし旅行記

 でも書きましたが、インドで鉄道のネット予約をするならIRCTCかCleartripになります。eRailで空き状況を簡単に見ることが出来るので、乗りたい列車の空き状況の結果を見てから予約、という流れになります。

 

Cleartripで予約するメリットは、日本のクレジットカードも使用可能で、サイトも使いやすいこと。デメリットとしては、チケットを購入できない時間(情報元のIRCTCにアクセスできないから)があり、チケットのステータスがWaitlistedになりやすいことです。

 

チケットにステータスがあるのか?!ということですが、インドの鉄道チケットには

 

 ・Confirmed=座席が確保できました

 ・RAC=乗れるけど、座席はあとで教えるね

 ・Waitlisted=キャンセル待ちだから、このままだと乗れません

 

というステータスが存在します。キャンセル待ちでもチケットは買えますが、乗れる保証はありません。チケットのキャンセル料が出発2日前から高くなるので、2日前になると、順番が繰り上がって乗れるかもしれません。乗れるかどうかは駅に行って乗客リストのようなものが紙もしくは電光掲示板で発表されているので、それを見るまで分かりません。短期旅行者にとっては非常にリスキーですね。日本でWaitlistedのチケットを買っていましたが、多分それは乗れないよと言われてしまったので、即効キャンセルし、奥の手でアグラ→ニューデリーのチケットを買いました。

 

奥の手とは何か。それはTatkalという種類のチケットを買うことです。インドの鉄道チケットのは何種類も存在し、主に旅行者が使うものとして

 

 ・General 通常のチケット

 ・Tatkal  列車が始発駅を発車する1日前に発売する別枠の緊急用チケット

 ・Foreign 外国人用の枠で売ってくれるチケット。設定列車は少ない

 ・Ladies 女性専用の枠があるチケット

 

があります。GeneralでConfirmedのチケットを買えれば何の問題もありませんが、膨大な数のキャンセル待ちで絶望して、でもこの時間の列車に乗りたい!という時にTatkalを利用します。Generalとは別枠なので、早めに予約できれば席の確保はたやすいです。しかしこのTatkalは緊急用なので料金が通常の約2~3倍高めです。それでも安いので、急ぎで利用したいときは重宝すると思います。

 

CleartripでもTatkalの予約は出来ますが、データの繁栄が遅く翌日反映くらいだったので使い物にならず、結局使いにくいIRCTCの本家本元のサイトで2時間くらい格闘してTatkalのチケットを予約しました。決済システムが貧弱すぎて15回くらいエラーでた!あー疲れた!

 

チケットをどうにか手に入れ、晩御飯を食べ、今日宿を出ていく人たちの乗る予定の鉄道(コルカタ行き)がどれくらい遅れてるか見てみた。そしたら・・・

 

12時間遅れ&まだバラナシから300キロ離れた地点を走行中!

 

wwwwwwwwwww

 

インドの新幹線と呼ばれるラージダーニーも

 

7時間半遅れ&バラナシから200キロ離れた地点を走行中!

 

wwwwwwwwwww

 

さすがインド。遅れ方も凄まじい。彼らは一回駅に行ったにも関わらず、「まだまだ列車は来ないから、観光でもしてまた来てね(はあと)」みたいなことを駅員に言われ、宿に引き返してきてました。外国人用の窓口の対応もあまりよくなかったらしく、プンプンしてる人も。

 

こんな遅れを見せられると、自分が乗る時どうなってるんだと思いますよね。実際ひどい遅れを経験することになるんですが(笑)

 

夜も談笑して、ぐっすり就寝。

 

<12月20日>

 朝起きると、夜行列車組は宿を発ったようで少し静かに。朝ごはんを食べ、最後のバラナシを満喫すべく、再び散策。途中お土産を買おうか悩み、カレー粉を見せてもらったが、中に麻薬とか入ってたら怖いなぁと急に我にかえり、購入断念。日本語がやたらうまいインド人のおススメの店でチーズ入りカレーとチャパティとバナナラッシーを飲み、その後のお土産押し売りをやんわり断って、3日間お世話になった宿を出ました。

 

宿からは頼んでおいたタクシーで空港まで。途中タイヤがパンクしたため車を乗り換え、1時間ほどでバラナシ空港到着。去り際にまたもやチップくれと言ってましたが、もちろんあげません(笑)

 

バラナシからはデリー経由でジャイプールに飛びます。バラナシ空港は綺麗ですが、中にお店はほとんどありません。写真のような軽食屋さんとやる気のないお土産屋が数軒あるのみです。Wifiも有料なので残念。

f:id:yasu1139:20141220172120j:plain

 

ジャイプールまではJet Airwaysを利用しました。

バラナシ(VNS)15:15→デリー(DEL)16:50 9W2424 B737-800

デリー(DEL)17:35→ジャイプール(JAI)18:30 9W725 B737-800

 

エアインディアと違って定時のフライトだし、ご飯もちょっと出るし、シートピッチはやや狭いですが結構良かったです。しかも、デリーで乗り継ぎダッシュしないとなぁと思っていましたが、実は便名が違うだけで同じ飛行機でした!なので、デリーで降りることなく、席だけ移動してジャイプールに行きました。デリーで初めて機内清掃の様子を見ることが出来ましたが、インドにしては真面目にやってました(笑)が、多少のゴミが残ってても気にしないし、お客さんも気にしていない。日本とは大違いです。

 

ジャイプールの空港に定刻通り到着し、宿に頼んでおいたピックアップサービス(500ルピー)で車で宿まで直行。ジャイプールはラージャスターン州の州都で、バラナシと全然雰囲気が違う。まず道路がちゃんと舗装されてるし道も広い。近代的!と感動。野良牛もほとんどいない・・・ここは本当にインドなのかと疑ってしまいました(笑)

 

宿はおススメされたSunder Palace Guest House。ホットシャワーも出るし、部屋も広くて清潔。ネットもインド的にはOK。フロントのスタッフも色々教えてくれて助かります。

f:id:yasu1139:20141220224527j:plain

 

チェックイン後は夜中の散歩。ジャイプール駅まで1キロほどの道を歩く。さすがに駅の周りはぐちゃぐちゃしてますが、それ以外は暗くて静か。駅で水を買って帰還。翌日の計画を立てて寝ました。

 

続く。